黄にきび治療

黄にきびの治療法

黄にきびは、にきびが化膿し表面から黄色いウミが見える状態のことを言います。
爪でつぶすと、ぷちっとつぶれるにきびです。
しかしそんなことをしたら、必ずあとに残りますので、絶対にしてはいけません。
医学用語では、「膿疱」と言います。にきびの最終段階と言われます。

毛穴が赤くはれ上がり、表面はクリーム色のウミが溜まっている状態です。

毛穴に金が増殖すると、炎症を起こします。
そしてウミが溜まりはれ上がった状態になります。
この菌はアクネ金やブドウ菌と呼ばれるものです。
この菌による炎症が進行をすると、毛穴の周辺の組織が破壊されるのです。
この段階ですと、真皮までキズがついてしまいます。
炎症がおさまったとしても、クレーターのようなでこぼこができたり、シミのような色素沈着がおこり、跡が残ってしまうのです。
真皮にキズが付いた場合はなかなか治ることでなく、お金をかけたとしてももとどおりには戻るには困難です・

日頃のスキンケアに気を付けて、黄にきびにならないように気を付けましょう。

黄にきびにはどのような治療法があるかというと、まず予防をしましょう、ということです。
にきびができないように日々のスキンケアを念入りにすることです。
毛穴の洗浄は大事です。